野球部 春季大会 3位 伊藤 和宏  2017年4月5日(水) 9:18
1次リーグ、常滑高校  3−6
      半田東高校 2−5
      東海南高校 2−11 3連勝で1位通過
2次トーナメント
      阿久比高校 2−4 初回に失策がらみで失点、終盤嶽本選手、                杉本選手の長打などで逆転勝利。
  準決勝 東海商業 10−4 本降りの雨の中、4連続押し出し四球など                で失点、6回降雨コールドで敗戦。
  3決  横須賀高校 9−0 初回4番、村田主将の2点HRで先制、エー                ス尾崎投手が完封。
 
  春季大会地区 V3はなりませんでした。県大会での活躍を期待します。

 志願状況 伊藤 和宏  2017年2月24日(金) 13:21
2月23日現在 定員200人

 第1志望 266人  第2志望 274人   2.7倍

 Bグループ普通科では天白高校、名古屋西高校についで3番目に高い倍率
 でした。これからもご支援よろしくお願いいたします。

 野球部 秋季全尾張大会 伊藤 和宏  2016年10月31日(月) 11:18
10月29日、阿久比球場

地区予選を勝ち上がり迎えた本戦は強豪私学の誉高校。
エース森(2年東浦中)が好投し5回を終わり4−0とリードするも、2番手以降の投手が不調。逆転された9回裏、2死ランナー3塁で嶽本捕手(2年武豊中)が相手エースから同点タイムリー、続く棟方選手(2年大府西中)の強烈なライナーが野手に好捕され、サヨナラのチャンスを逃す。
延長戦に持ち込むも、流れは誉高校、5−6の悔しい敗戦。

 バスケ部男子 ALL AICHI 伊藤 和宏  2016年10月19日(水) 10:32
10月15日〜
1回戦 東浦 94ー85 豊田高専
2回戦 東浦 95ー62 刈谷北
ブロック代表決定戦
    東浦 73ー94 天白
県大会常連校の天白には及びませんでしたが、強豪豊田高専に勝利し「番狂わせ」といわせました。バスケ部女子も藤の花女子高校に3点差の惜敗でした。
今後に期待します。

 野球部 秋季大会 県ベスト8  伊藤 和宏  2016年9月28日(水) 14:19
地区大会は6連勝で優勝、春・秋連覇は本校野球部初。

 県大会2回戦 東浦 12−1 半田
 いつも苦戦する半田高校に投打がかみ合い、7回コールド勝利。初回からタイムリーが続き4点、2回にも3点。投げては公式戦初先発の森投手(2年東浦中)が完投。

 県大会3回戦 東浦 7−5 豊田工業
 初回榊原爽選手(2年乙川中)の2点タイムリーで先制するも、豊田工業4番のHRで流れが変り、逆転を許す。しかし、2死満塁から再び榊原選手が走者一掃の長打で再逆転。リリーフした鈴木投手(2年大府北中)、尾崎投手(2年亀崎中)が反撃を抑えて勝利。苦しい試合でした。

 準々決勝  東浦2−9 享栄
 初回4番村田選手(2年武豊中)のスクイズで先制、5回棟方選手(2年大府西中)の3塁打でリードを広げる。5回裏享栄1番バッターに2点本塁打で追いつかれると、好投していた森投手が持ちこたえられず、リリーフ陣も流れを食い止められずに敗戦。しかし、盗塁刺殺2回、本塁封殺、スクイズをアウトにするなど中盤までは互角の戦いが出来ました。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
全 66件